企画・特別展

歴史を紡いだ茨城の先人 -岩上二郎、長久保赤水、菊池謙二郎、小野友五郎-

令和6年4月27日㈯~6月23日㈰

 歴史館は、昭和49年(1974)の開館から今年で50年目を迎えます。当館は、茨城県史編さん事業を通じて収集された史料の保存と活用を目的の一つとして設立され、文書館(アーカイブズ)と博物館の二つの役割を担います。

 本展は、収蔵する資料を活用したアーカイブズ展として企画したものです。はじめに、当館設立のの経緯を振り返るとともに、初代館長を務めた岩上二郎の「史料保存」にまつわる功績を紹介します。次に、近年、新たに関係資料を収蔵した長久保赤水、菊池謙二郎、小野友五郎らにスポットを当てます。展示をご覧いただき、本県の先人である彼らが、どのような歴史を紡いだのか知っていただければ幸いです。

 

主な出陳資料


新刻日本輿地路程全図 1755年(茨城県立図書館所蔵・当館寄託)

 

「水戸中学校門を出る偉人行列」複製ハガキ(当館蔵)

 

小野内膳(友五郎)海軍出仕・軍務官呼出状(原史料 広島県立文書館蔵)

※写真史料での紹介となります。

 

関連イベント


【講演会Ⅰ】「大日本史編纂の先見性」
日時:令和6年5月12日㈰ 14:00~15:30
講師:永井 博(当館特任研究員)
詳細・申込はこちらから

 

【講演会Ⅱ】「近代の幕を開いた誇り高きテクノクラート、小野友五郎」
日時:令和6年5月26日㈰ 14:00~15:30
講師:今泉 寛 氏(笠間市前教育長 小野友五郎を伝えていく会副会長)
詳細・申込はこちらから

 

※【講演会Ⅰ】【講演会Ⅱ】は、事前申込制となります。
 申込受付開始日:4月9日㈫ 9:30~
 申込方法:ホームページ、往復ハガキ、来館

 

【展示解説】(全3回)
日時:①4月29日㈪㈷ 14:00~ ②5月4日㈯㈷ 14:00~ ③6月16日㈰ 14:00~